INTERVIEW

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. 限られたスペースを最大限に活かしたリノベーション

リフォーム
2016.09.20施工
伊勢丘・U様邸

限られたスペースを最大限に活かしたリノベーション

多賀工務店との出会いのきっかけ

ホームページを調べて、問い合わせたことがきっかけです。リノベーションが決まった時、ネットでいろんな業者を探しました。数社に問い合わせをして、それぞれの方に家の状態を見てもらったんです。その時に、どこよりもすごく丁寧に見てくれて。まだ契約も決まってないのに、本当に親身になって話を聞いてくれました。他社さんは、担当の方が数名いたり、営業の方から話を聞くこともあったんですが、多賀さんは現場の方でもあり、自社に大工さんがいるので、最後まで“この一人”に任せられる!という安心感がありました。間に営業が入ったり、工事を外注しないのが、私にとって決め手のひとつでしたね。そして、工務店さんの考えを押し付けるのではなく、私が「こうしたい!」と思うことをちゃんと聞いて、考えてくれたんです。

今回の施工でこだわったところは?

元々が古い家なので、その古民家の古き良きところを活かすことです。変に洋風にするのではなく、元の古さを活かして、残せるのもは残し、良い雰囲気を出したいと思いました。その為に、玄関の塗り壁、柱、梁、色合い…すべてにこだわってもらいました。

今回の施工で大変だったところは?

元々3人暮らしの家を6人暮らせる家にするということで、各個人の部屋の確保が大変でした。頭をひねって考えましたね。限られたスペースをどう使うか?多賀さんと一緒にたくさん悩みました。最終的には、子どもたちの部屋もちゃんとひとつひとつ確保できて、空間フル活用でみんな満足な部屋になりました!

実際に暮らしてみての感想はいかがですか?

とにかく、冬暖かいんです。古い家だけど、寒さが今までと全然違います。暖房機器も使わなくて良い日がたくさんあり、省エネにもなっています。決して広いわけではない子どもたちの部屋も「広いよ!ベッドでもぐっすり寝れる!」と喜んでくれてます。

もっとこうすれば良かった!などありますか?

満足なので特にはないですけど、もっと見えないところを遊んでも良かったかな?と思います。たとえばウォークインクローゼットの壁紙とか! あとは、キッチンカウンターが意外に使えることが、住んでみて発覚!(笑) 最初はそんなに使わないだろうと思ってたんですけどね。もっと広めの大きいものでも良かったかなと思ってます。

これから家を建てる人やリフォームする人にアドバイスをお願いします。

コンセントの位置はしっかり考えて、多すぎるくらいつけて下さい!コンセントや照明って、結構初期段階で場所を決めないといけないんです。あとから「ここにはいらんな…。」「ここにあった方が良かったな…」と思うことは絶対出てきます。家具の位置や生活のシミュレーションをしっかり考えて下さい!

多賀工務店へ一言!

本当に感謝、感謝です。出会えて、多賀さんに頼んで良かったです。多賀さんは、とにかく正直。知らないもの知ったかぶることもないし、できないものははっきりできん!と(笑)。でも、納得するまで妥協しない、本当にセンスが良くて素敵な方です。そして、多賀工務店さんのスタッフさんや大工さんがとにかく良い人だちばかり。クロス屋さんや畳屋さん、塗装の業者さんたち…多賀工務店の関わっている業者さんも、何故かホントに良い方ばかりで驚きました。家づくりやリノベーションって結構大変で労力も使うんだけど、打ち合わせがすごく楽しくて、最後までストレスなく、素敵な家をつくってもらえました。ありがとうございました。

詳しい施工内容はこちら