ご来店予約

お問い合わせ・資料請求

スタッフブログ

ちょうどいい11ヶ条・快適さ 2019.01.09 UP

ZEH(ゼッチ)ということばを、聞いたことがありますか?


皆さん、こんにちは!
福山で工務店をさせて頂いております、多賀工務店です。

 

皆さんは、ZEH(ゼッチ)ということばを、聞いたことがありますか?

 

実は、マイホームをお考えの方に、ぜひ詳しく知ってほしいことばなんです。

さっそく、ZEHについて説明していきますね。

 


もっと読む >>

ちょうどいい11ヶ条 2018.08.19 UP

いますぐできる暑さ対策!!


すぐできる暑さ対策!!

皆さん、こんにちは!
福山で工務店をさせて頂いております、多賀工務店です。

8月と言えば…昔は夏休みなのに毎朝ラジオ体操の為に早起きをさせられて、辛かった記憶が蘇りますが、
大人になれば、早起きしても夏休みが1か月以上もあるだけで羨ましいと思いますね(^-^;

さて、そんな夏休み!
お盆休みもあったりして、家族が家にいる時間が増えますよね…
前回の記事にも書きましたが、室内での熱中症が起こる現代では、エアコンも節約したくとも、
我慢して熱中症になっても大変です。でも、1日中エアコンに浸っていると身体がだる~くなります。

今回は断熱や窓のリフォームといったことより少し気軽にできる対策をご紹介します!


もっと読む >>

ちょうどいい11ヶ条 2018.08.06 UP

私たちにできる地球温暖化対策


皆さん、こんにちは!
福山で工務店をさせて頂いております、多賀工務店です。

暑い、本当に暑い。。。
「暑いですね~」があいさつのようになる季節ですね。
ここまで暑いと夏休みのお子さんたちも外遊びができないですよね(+_+)

私が子どものころの夏休みは朝から日が沈むまで外で遊んでいた記憶があります。
今は熱中症の危険を考えると子どもに何をさせていいのか困ります。
どうやら日本の気温は100年前比べると1.1℃上昇しているようです。
この気温上昇は身体にも家計にもかなりの負担ですね。

実は熱中症というのは意外にも家の中で一番多く起きているのです!
夏の暑い日に屋外で運動していて子どもが熱中症にかかったというニュースをよく耳にしますが、幼児は約7割、65歳以上の高齢者の方は、約6割が住宅内で発症しています。
室内で熱中症を起こす主な原因としては、室温30℃、湿度60%~70%を超えると室内でも熱中症のリスクが高まります。
高齢者の方には「もったいないからつけない」や「エアコンが嫌い」という方もたくさんいらっしゃると思います。

さて、熱はどこから入ってきているのでしょうか?
実は、家の中で最も熱の出入りが大きい場所は『窓・ドア』の開口部でした!
全体の約73%の熱が窓から入ってきて室温を上昇させています。


もっと読む >>

ちょうどいい11ヶ条・価格 2018.01.23 UP

家づくりってどのくらいかかるの?


皆さん、こんにちは!
福山で工務店をさせて頂いております、多賀工務店です。

いつかは建てたい・・でもまだ数年は先だな・・・

といつかは建てたいけど今ではないと思われている方へ

家づくりってどのくらいかかるの?を少しだけお伝えさせていただきます。

例えば、建売だとその建物をみて気に入ればすぐ買う事はできますが、そういう訳ではなくご家族の想いやこだわりのつまった新居をお考えとすると新しい家に入る為にはどのようなプロセスを辿らなければならないのか、なんとなくでもいいので知っておきましょう!
家を建てるだけとすると着工して引渡しまでには約半年くらいです。


もっと読む >>

ちょうどいい11ヶ条・快適さ 2017.09.20 UP

自然素材をなぜ使いたいのか


皆さん、こんにちは!
福山で工務店をさせていただいております、多賀工務店です!

今回は「なぜ自然素材を使った家つくりを考えるようになったのか」を書かせていただきます。

先ずはじめにお伝えさせてください。私は建築関係に携わってますが専門家でもなく一主婦に毛が生えた程度です。
ただ、大工である主人と夫婦で感じた、できる限りの自然素材を使っていきたいと思った、きっかけについてお話します。
さら~っと読んでいただけると嬉しいです(;^ω^)

実は、私たち家族は全員アレルギー体質です。
ですので、悪い物には良くも悪くもアレルギー反応が起きます。
私はアトピー性皮膚炎で、例えば製品管理されているような粗悪ではない靴でも薬品かぶれてしまいます。
息子は酷い花粉症で花粉の季節は目が開けれないほど腫れてしまいます。
大工である主人は以前、下請け仕事の作業中に支給されるフロアーを施工する際に出るフロアーの削りカスで咳が止まらなくなり、
「このままでは大工を続けれないかもしれない。。。」と、大工生命の危機を感じ必要に迫られて健康を考えるきっかけがありました。

そこで私は母親として、まず初めに気を付けたのは食事面や使う日用品でした。
物が溢れている今の時代に私に課せられた課題はたくさんの中から良い物を選ぶという事でした。

そして、行きついたのがなるべく地産の自然食品で健康な身体つくりでした。
先ずは、食事で免疫力を高めて、適度な睡眠と運動が大事だという事!
そして、どうしても必要な時だけ薬の力を借りています。

これは目に見えるものですし、商品の裏面を見ればだいたいの事はわかります。
ただ、一番怖いのは、目に見えない害です。
どれだけ健康意識を高く持っても身体の事を考えていても、身体の事を考えていない家に住んでいたら意味がない!
というすごく単純な理由です!理由は単純でしたけど調べれば調べるほど深い理由がありました。

一部をご紹介すると無垢材は、断熱性・耐久性が高いので、室内の湿度が高い時には湿気を吸収し、低い時には吐き出す調湿機能があります
。結露を抑え、ダニや細菌の繁殖をおさえることになります。
アトピー性皮膚炎・花粉症・気管支喘息と、家族そろって粘膜が弱い一家ですのでこの効果を無視するわけにはいきませんでした
木材だけでなく、珪藻土や漆喰は、環境にもやさしい自然素材で、湿度の調節や抗アレルギーとしても一役かってくれます。

ですが、全ての物にはメリットとデメリットが付き物です。
そこもしっかりとお話しさせていただきながら、住まわれる方がこれから先もずっと健康で幸せな「お家」を誠心誠意ご提案させていただきます。
家づくりとは「大切なご家族の身体つくりと同じだ」という事をお伝えし、と同時に一生かけて大切にしていただける「お家」をこれからも造っていきたいと思います。

新築・リノベーション・部分リフォームお住まいのことならなんでもお気軽にご相談ください。
有限会社多賀工務店


もっと読む >>

ちょうどいい11ヶ条 2017.09.06 UP

住まいと暮らしについて


皆さんこんにちは。
福山で工務店をさせて頂いております、多賀工務店です。

今回は、「住まいと暮らし」について書かせていただきます、。
今よりいい暮らしをしたい!と動き出した方へ・・・
先ず、今より快適な暮らしをしたいと考える時に、今現在、不快に思っている事や住まいのお悩みについて考えてみましょう。
狭い空間が包まれているようで落ち着く方や、広い空間でないと圧迫感があってイライラする方、、、と、人それぞれ快適さを感じる空間は違いますよね!

ですが、夏のムワっとした室内の暑さや、真冬の手足の冷えは皆さん共通して不快に感じているはずです。
比較的新しい家に暮らしているご家族でもこんなお悩みがあるようです↓↓↓

(30代~79才のお住まいの不満)
 1位 室内でも冬は寒く夏は暑い
 2位 光熱費が高くて不満
 3位 結露・カビ・ダニが心配
 4位 耐震性が心配
 5位 収納が足りない
 6位 キッチン設備の使い勝手が悪い
 7位 浴室の設備や給湯器の使い勝手が悪い・汚れもきになる
 8位 冬のトイレや脱衣が寒くてヒートショックが心配
 9位 キッチン周りの収納が足りない
10位 窓の防犯性や断熱性が低い

ご覧いただいたように、寒さ暑さに関することが上位3つを占めているますね!
実は、デザインや間取りより皆さんの不満は体感にありました。

皆さん、ヒートショックという言葉をご存知でしょうか?
急激な温度変化によっておきる健康被害です。
実は、交通事故による年間死亡者数の4倍の1万7000人の方が家の中の急激な温度差で亡くなられています。
また、熱中症で病院に運ばれる方の全体約4割の方が家の中で起きているのが現状です。

安全・安心であるはずの家の中に実は危険な要因が隠されているという事を家を建てられる際、リフォームを考えられる際に思い出していただきたいです。

通風計画といった自然の風が家の中を抜けるように設計した窓の配置や、性能の高い窓や玄関、そして断熱性能をあげて、外の冷たい気温を室内に伝えない!室内の温めた空気を逃がさない!
真夏の外壁・屋根温度は50~70°になります。そんな熱を断つ!それが断熱です☆
家を考えられる際に、断熱の事、窓の事を考えていただいていると、
我慢して光熱費を節約しながら生活するのではなく、夏でも心地よい自然の風が家の中を通り、冬は家に入った瞬間にホッとするような暖かさを感じる事ができ、断熱をしっかりして外気を伝えにくし、少しのエネルギーで快適な室温を保つ魔法瓶のような家を感じていただけると思います。

私自身、以前住んでいた木造アパートでは、夏は21°風量MAXでクーラーをつけて扇風機併用でつけて、冬の朝ごはんの支度はダウンジャケットをきて、靴下は特殊な靴下を二枚履きでキッチンに立っていました。
日中に一人で家にいる時は、勿体ない気がして暖房や冷房はつけないようにして毛布をかぶり、夏は何度も着替えるほどの汗をかき暑さに疲れ寒さにイライラしてましたよく風邪も引いていて、酷い時は月に二度風邪をひき、「またッ?!」っと家族も風邪に慣れっこになり心配される事も減ってしまいました(;^ω^)
これは、全く大げさではなく実体験です!

今の家に住みだして一年ちょっと・・・
以前着ていたフリース生地の毛布のような部屋着は捨てましたし、分厚い靴下は一枚もありません♪
5月にはフル回転していたクーラーも7月までつける事はありません♪

間取りやデザインは流行りや、ライフスタイルも自分自身の趣味も変わっていくので納得する時は実際にはこないのかもしれませんが、
快適で心地よく、光熱費が今までの最高で1/3にまでグッと安くなった今の生活は納得しています☆


新築・リフォームお住まいのことならなんでもお気軽にご相談ください。
有限会社多賀工務店


もっと読む >>

ちょうどいい11ヶ条・断熱 2017.07.03 UP

断熱工法について


皆さん、こんにちは!
福山で工務店をさせて頂いております、多賀工務店です。

いよいよ、日差しのきつくなる季節の到来です(-_-;)
そこで、気になってくるのが紫外線による肌のダメージと跳ね上がる光熱費ですね。。。

弊社では、最も光熱費に直結してくる断熱についてしっかりとお伝えさせていただいております。
まず初めに、真夏の屋根裏・外壁の温度が50°~70°まで熱くなることはご存知でしょうか?

真夏は二階に上がるとムワッっと室温が違うというご経験がると思います。
それは、真夏の日差しで熱せられた屋根の焼けこみが、屋根裏からの輻射熱として2階の室内へ伝わるからなのです。
より快適に過ごすためには、屋根や壁から外気を入れない事が重要です!

そこで、新築やリフォームをお考えの方に一番気にしていただきたいのは断熱材についてです!
一口に断熱材といってもたくさんの種類があります。
性能・工法・金額とさまざまな種類があるなかで、弊社では吹付け断熱を推奨させて頂いております!

ご予算がある中で、あまりに高額だと理想の家が難しくなってしまう。。。
ですが、見た目だけの良さが快適な生活ではないという事をしっかりとお伝えしていきたいと考えております。

では、どのくらいの効果があるのが見てください!


もっと読む >>

ちょうどいい11ヶ条・断熱 2017.06.29 UP

断熱・通風の効果について


 

みなさん、こんにちは!
福山で工務店をさせて頂いております、多賀工務店です!

 

以前、お仕事の打ち合わせを我が家のリビングでしていると・・・
「すごい涼しいけどエアコンつけました?」と言われ。
「いえ、まだこの夏にエアコンをつけたことがないですよ!」
「えーーーー!うちはガンガンにエアコンつけてますよ!」
というやりとりがあり、私がこのお仕事に携わるようになったきっかけについてブログをかかせていただこうと思いました。

以前、住んでいた木造アパートはほぼ風が入らない家で、
夏は、きっとほとんど断熱材が入っていないのか、部屋の壁を触れば外壁の熱が伝わるほどの暑さ!!
さらに風が入らないので5月になったらエアコンはフル稼働!!
真夏の電気代は16000円くらいはしてたと思います。。
といっても、居間の6畳間だけを冷やしてこの電気料金。。
日中に私しかいないときは我慢して汗だくでした。。
キッチンは食欲がなくなるほどの暑さ((+_+))
真冬はガス代13000円と、電気代14000円。
まさに夏暑くて、冬寒い家でした。(大家さんすいません(-_-;))
そんな家に住んでいたこともあり夏の暑さ・冬の寒さを防ぎ「夏は涼しく、冬は暖かい家」にするには、やはり外気温の影響を受けないようにするための工夫が必要なんだと、快適というのは間取りや、インテリアはもちろんだけど一番は室温の体感だと実感しました!

アパートから新居に移ってこうして私が感じてきたこと、主婦のみなさんが煩わしいと感じている家事・収納の事など・・・
今だけではなく、将来の事も考慮しながら、主婦として何かいいご提案がさせてただけないかと思いこのお仕事に携わらせていただきました。

生活は必ず皆さま、変化していくものだと思います。

ライフスタイルも住まれるご家族の人数も、趣味も・・・

ですが、「家は3回建ててやっと納得のいく家が建つ」という言葉を少しでも払拭できないかな。。と、長く快適に住んでいただく為にいいご提案ができるよう日々、お勉強しております<(_ _)>

そして、我が家は未だにエアコンはつけておりません(^^♪
電力会社からの利用料金が届くのを毎月楽しみにしています!

新築・リフォーム・リノベーションお住まいのことならどのような事でもご相談ください!
有限会社多賀工務店


もっと読む >>

ちょうどいい11ヶ条・庭 2017.06.12 UP

ウッドデッキのお手入れ☆ 福山市


こんにちは!

福山で工務店をさせて頂いております、多賀工務店です♪

今回はウッドデッキと濡れ縁のお手入れについてです!

自然素材はぬくもりがあっていい!!

ですが、やはり雨やほこり、紫外線で朽ちてきます。。。

ですので、できれば半年もしくは一年に一回メンテナンスをしてあげてください!


もっと読む >>

ちょうどいい11ヶ条 2017.05.17 UP

漆喰壁のメリット・デメリットについて


こんにちは!
福山で工務店をさせて頂いております、多賀工務店です!
本日は漆喰壁のメリットとデメリットについて、
専門家ではなく、個人的な意見をお伝えさせていただきます。

先ず、なぜ我が家はコストの高い漆喰壁にしたかというと。。。
職業柄、シックハウス症候群の怖さを深くまで知ってしまったという事が一番ですね(^^;
もう一つは、息子が花粉症があり私自身もアトピー性皮膚炎がある事を主人が気にして漆喰壁にする事に・・・

漆喰や珪藻土という名前は皆さまも一度は耳にされた事があるのでないでしょうか?
まずは一般的に言われているメリットを↓↓

・VOC(揮発性有機化合物)の吸着・分解
・パターンによって、洋風から和風、さまざまなデザインが可能
・呼吸する壁といわれている通り、湿度を調湿してくれる
・家の中の嫌な臭いをとってくれる(脱臭効果)
・燃えないので火事に強い
・漆喰内部は強アルカリ性のためカビにくい                (部屋内のウイルスも生きにくい)
・耐インフルエンザ性
・音が通りにくい(防音性)

上記の中で一番感じたのは脱臭効果!!
我が家は新築なんてお構いなくホットプレートで焼肉、お好み焼きをじゃんじゃんやっちゃいます!
翌朝、リビングに降りてきてビックリ!!臭いがない!!これは驚きました!
湿度に関しては調湿というよりは、吸いすぎ?なのか正直湿度は低めです(^^;

次に私が個人的に感じたデメリットです!
・気軽に何かを飾る事ができない(カレンダーなど)
・角が削れやすい
・汚れが落ちにくい(洗剤を吹きかけたら吸収しちゃいます(^^;)
・パターンをつけてデコボコさせてたらポロポロ落ちてきちゃう
・そのデコボコに服や肌があたるとすれる

などデメリットはあります。
 

 


もっと読む >>

< 12 >
ページ上部へ戻る
Copyright(C) TAGA KOUMUTEN .All Rights Reserved.
電話はこちらご来店予約お問い合わせ・資料請求上へ戻る