ご来店予約

お問い合わせ・資料請求

スタッフブログ

整理収納 2018.10.30 UP

収納・・・洋服編


皆さん、こんにちは!
福山で工務店をさせていただいております、多賀工務店です!

今日のこの記事は、どこに何があるのかわからないクローゼットをスッキリしたい方、
この衣替えの時期がチャンスです!
 
 「片付けのはじめの一歩はぜんぶ出すことからはじまります。」

クローゼット整理のポイントはたった2つです。
 
・着ない服を探さない
・あまい悩むことなく「着てる」「着てない」にわけること。

 
服を捨てるために整理するわけではない事をしっかり意識してください。服を減らす・捨てることは目的ではありません。

では、まず広いスペースを確保してください。そこにクローゼットの中の洋服を全部出してください。全部です。
ぜーんぶ出したら四隅にたまったほこりなど拭き掃除しましょう!
 
家の中にある洋服が全て集まったら、わけていきます。
個人的には鼻にティッシュを詰め込んでマスクして作業を開始することをお勧めします(;^ω^)
くしゃみが止まらなくなって、作業どころではなくなるので。。。
 
では、まず大きく2つに分けます。
もしも、ご家族がいらっしゃる場合は、人別にわけてから、
以下の流れでわけていきます。


①よく着ている ・これから着たい
 
②最近は着ていない・着たいと思えない
  
この①と②、しっかりわけます。 
ここがしっかりとわけられたら、クローゼットの片づけは、
もう半分終わったも同然、そのくらいとても重要で時間のかかる作業です。
  
ちなみに、以下は②の着ていない洋服いきです。
 
・しばらく着ていないが、いつか着るかもしれない服
・しばらく着ていないが、何かのコーディネートに使えるかもしれない服
・なんだか太ってみえちゃうから好きだけど着たくない
・買ったけれど1度も着ていない服
・痩せたら着ようと思う服
(ちなみに本当に痩せるなら、その服は①にしてください!)
 
とにかく、
「着る」服と、「着ない」服を、しっかりとわけるということです。
  
次に
①(着る服)を、季節でわける、種類でわける(・アウター・パンツ・スカート・カットソーなどなど)

 
分け終わったら、クローゼットに戻します。
できれば、この機会に「ラベリング」をしてください。
この「ラベリング」があれば迷うことなくモノが定位置に戻っていきます。

そして、モノが増えやすい私のような方に・・・
「欲しいモノが出たら一週間待ちなさい。それでも欲しいモノはもう一週間まちなさい。それでも欲しければそこで買ったらいい。
 この少しの時間を待つ癖があれば余分なものを買う確率がグンと減る」(ユダヤ人大富豪の教えより引用)
まだ使えるモノを捨てる時の罪悪感や、こうして一日かかりで片付けないといけない労力。なにより無駄な出費。を考えると、まず買う時に考えるのは先決ですね!

多賀工務店では家づくりの際に「収納を考える」お手伝いをさせていただいております。同じ主婦であり、母である私たちと一緒に考えていきましょう!

新築・リノベーション・部分リフォームお住まいのことならなんでもお気軽にご相談ください。
有限会社多賀工務店


もっと読む >>

整理収納 2018.07.20 UP

目指せ収納美人!! Part2


皆さん、こんにちは!
福山で工務店をさせて頂いております、多賀工務店です。

目指せ!収納美人Part2
大変長らくお待たせしました、収納美人Part2です!

間があきすぎて、なんの話?という方はPart1を読んでいただけたらと思います

前回はまず、すべてのモノを出すというところで終わってましたね!
そう、すべて容赦なく出します!(ついでに拭き掃除もしてください)

賞味期限などはまだ確認しなくていいですよ(;^ω^)

そして、4つのカテゴリーに分けます!
少し広いスペースにビニール紐で下記のカテゴリーにわけます。


もっと読む >>

整理収納 2018.06.17 UP

目指せ収納美人!! Part1


みなさん、こんにちは!
福山で工務店をさせて頂いております、多賀工務店です。

今回は以前にも書かせていただきました、整理収納についてお話させてください。
最近よくTV番組などでも「お片付け特集」が放送されてますよね?
我が家も二年間で溜りに溜まった物を思い切って整理してもらおうとアドバイザーさんにお願いして整理しました!

今回は1Fのパントリーと2Fのウォークインクローゼットをお願いしたのですが・・・
まぁー、本当に衝撃でした!何に衝撃って自分が所有していた物の多さに!!
なぜか必要だと思っていた、なぜか使いづらい場所に使いずらく収納していた。

自分なりには新築の計画時に間取りとにらめっこしながら考えたつもりでした。
ただ、新居を考える際にはたくさんの事を決めなければいけないので考えきれなかった事。
誰か第三者の人のアドレスがなければ思いつかないことがたくさんある事と、いざ暮らしてみないと家族の行動の癖がわからなかったという事も日々の片づけストレスの原因だったと思います。

そこでまず、家族の帰宅動線を考えます。
息子はランドセルをどこに投げる?宿題はどこでする?小学校のものはどこにある?お風呂に入る時着替えはどうしてる?
などなど・・・私がしてほしい行動と家族がとる行動にはかなりの差があるという事は実際に暮らしてみないとみえなかったのです。
そこで希望としては「息子が自分で片づけることができる収納」ということが一番の希望でした!
そこを目標に今あるありとあらゆる物と一回向き合います!


もっと読む >>

整理収納 2017.07.01 UP

整理収納アドバイザーの講習を受けてきました!


みなさん、こんにちは!
福山で工務店をさせて頂いております、多賀工務店です。

今回は整理収納アドバイザーの講義を受けてきたので、少しその内容についてかかせてください。
整理・収納というのは、私を含め多くの方が悩まれている家事の一つでもあり、
でも日々の忙しさで見て見ぬふりをしたい事なのではないかと思います。
そこで、私なりに簡単にまとめた内容にはなりますがご紹介させてください。

この認定資格を知った時、きっと収納のノウハウをお勉強できるんだろうと思い申込みました。
ですが、実際には私が思っていた内容とは少し違いました(^^;

まず、整理とは=不要なものを取り除く事(不要なものとは今使っていない物)
収納はその不要なものを取り除いたあとに行う作業のようです。

まずはじめに、しまい込まれている物を全て出してください。

(手始めに小さな棚から)
そして、出てきた物を4つのカテゴリーに分けます!
①アクティブ
 常に使っている物・無いと困る物
②スタンバイ
 2、3日に一回必ずいる物・使いたい時に必ずある物
③プロパティ
 ただ持っているだけ・目的が曖昧・管理できていない物
④スクラップ
 捨てなきゃいけない物
この仕訳で一番頭を悩ませるのは、まだ使える!勿体ない!買ったときは高かった。ではないでしょうか?
物を大事にしなさい!と育てられたので捨てるのは罪悪感。。。という事が大きいと思います。
そこで、一つ考えていただきたのは、その物をつくった製作者の意図を考えてみてください。
例えば私の事でいえば、数年前に購入したコート。。。
年齢も服の好みも変わり、ただハンガーにぶら下がって吊るされているだけの数年間。
そのコートをデザインし、作った人の思いはそのような使い方をしてもらう為に作ったのでしょうか?
と、講師の方に言われ、ハッしました。
保管しておくことが大事にしている事ではないのだと。。。

不要な物がいっぱいで必要なものを収納するスペースがなくなり、別の場所に収納できるようにハンガーパイプを用意するという事が
間違っていたんだなっと気づかされました。
着なくなった服は捨てる、寄付する、その他で売れそうなものはメルカリ等に出品して売る!
物を減らす事で、片付けやすくなり、探しやすくなり、結果的にストレスが減ります!

一年間に1500点くらいの物が家に入ってきているといわれています。
入る量が出る量より圧倒的に多いから、物がどんどん増えていくのが実態です。
買うならどれかを捨てる!と決めて物を買う!が鉄則のようです。

講習を受け、帰宅してまず捨てたのは紙袋!
大きな紙袋に入るだけの枚数にしまいした(^^;

そういった住まわれてからのお悩みも一緒に解決させていただきたいと思い、私もまだまだ勉強中です!

新築・リフォーム・リノベーションお住まいのことなら何でもご相談ください!
有限会社多賀工務店


もっと読む >>

ページ上部へ戻る
Copyright(C) TAGA KOUMUTEN .All Rights Reserved.
電話はこちらご来店予約お問い合わせ・資料請求上へ戻る