断熱について

お家の保温性って?

ポットや水筒と同じように、保温するためには“壁”が重要。

水筒やポットの中のお湯の保温性は、容器の質に左右されますよね?お家の保温性も同じです。
冬暖かい部屋にするためには、一定の断熱性が不可欠です。
保温性が高まっていると、少ない熱で冬の室温を上げて、暖かさを保つことができます。

屋根や天井の断熱性は夏に効く!

夏の日射は、屋根に最も多く当たります。屋根や天井の断熱性を高めることで、太陽の熱が家の中に入ってくるのを防ぎます。

断熱性を向上させると良いことがいっぱい♪
保温性が高まり、少ない熱で室温を上げられる。
暖房していない部屋でも外気の温度が伝わりにくいため、快適性と健康性が向上。
木造住宅に適した断熱材の使用で、木材の調湿効果も活かせる。
暖房エネルギーが少なくて済むので、暖房光熱費が安くなる。
夏の日射熱が入りにくくなり、夏涼しく、冷房光熱費も安くなる。

断熱って、どんなものがあるの?

多賀工務店が家づくりで大切にしているのは『快適さ』。
エアコンの風より、自然の爽風。ヒーターの熱より、陽だまりの温もり。
本当の意味での暮らしの快適さは、クーラーや暖房や機械換気などではなく、『自然の気持ち良さ』だと考えています。
四季を通じて降り注ぐ太陽の柔らかな光…
窓を開ければどの部屋にも通り抜ける心地よい風…
そんな、自然の力を最大限に活かせる家づくりを推進しています。
その家の周りの環境や土地の状態、日の当たり方、風の抜け方などを考え、暮らす人の1日のシミュレーションを何度も行い、いつまでも快適な生活を送ることができる家づくりを提案いたします。

  

多賀工務店では、ご希望の方に、窓計画による設計もご提案させていただきます。
その土地の周りの環境によって、風の向きや日射の入り方は変わってくるもの。
お客様がお住まいになる土地に合わせて、光の差し込む明るい家を考えるのはもちろんですが、風が通りにくい場合には、
設計で風を取り入れる工夫をしたり、気温や湿度も考えた建材をお選びします。
暑い時期でもエアコンを極力使わず過ごせる、自然の力を活かした快適な住まいを一緒に考えていきましょう。